渡し方のマナー

名刺を受取る女性のイラスト会社で配布されるビジネス用の名刺はもちろん、個人用の名刺を渡すときも、名刺を渡すマナーをしっかりと身につけているかどうかで、相手の印象も大きく変わります。
基礎的なマナーを守れていないと、仕事に対しての意識も疑われてしまうこともありえるので、名刺の渡し方のマナーはしっかり学んでおきましょう。
早いうちから学んでいたという方も、いざ正しい方法を思い出そうとしても、正確に覚えていないことが多いので、この機会に再確認してみてください。

名刺を渡す際に気を付けることは、名刺の差し出す高さと名刺の状態です。
相手が差し出したときより名刺の高さをより低い位置におき、相手を尊敬しているという意思を示すことが大切です。
そのほかの基本的なポイントとしては、自分と相手の間に物を挟まないようにしたり、名刺を直接財布やポケットから出さないようにし、ちゃんと綺麗な状態の名刺を渡すことなど、社会人として当然のマナーは守るようにしましょう。

名刺を受け取る際も色々なマナーがあります。目上の相手が同時に名刺を出したときは、自分から先に受け取らないようにしたり、受け取った名刺をメモ代わりに使わないといったマナーは社会人としての基本マナーとして覚えておく必要がありますし、名刺を持つところは印刷が無い部分にすることも、意外と見られるポイントなのでうっかりしないよう気をつけましょう。

 

 

名刺と挨拶のタイミングなど

これは誰でも知っているでしょうが、名刺を相手に向けて渡しますね。

これは教えてもらわなくても相手を大切に重要に思っていれば誰でも自然に出来ますが、その文字に指がかからないように渡すのは時々しない人がいます。

それも相手をどう思っているかですね。

自分のことを印象付けよう、知ってもらおうと思ったら自分の名前をよく見えるように出すでしょう。

また形だけ慇懃でもしぐさが無礼な感じの人もいます。

とても印象が悪いですね。

わかっていないと思っているのでしょうが、相手も名刺交換は初めてではなく、数え切れないほどやっていることを忘れてはいけないと思います。

見透かされるということです。

挨拶もしますがどちらが先かはその場の雰囲気ですぐにわかるでしょう。

営業する側か受ける側かとか年齢が上か下かなのですね。

また新入社員のあいさつ回りとかでしたらベテランが指示するでしょうし、基本的にはこちらの上位者が相手先の上位者から挨拶し交換もするでしょう。

しかし実際はそうならないこともありますね。

相手先が気さくなものにこだわらない上司である場合もありますから、そこも失礼のないように臨機応変にしないと後がギクシャクします。

自然な流れがいちばんいいのではないでしょうか。

 

名刺はビジネスマンの武器です

社会人となって会社で働く事になると配属される部署にもよりますがスーツや名刺が必須となってきます。

特に外回りを担当する営業マンや渉外や総務として人に接する機会が多い人には名刺はいくらあっても足りません。

最近のビジネスマンは名刺に色々な工夫をして渡す人が増えています。

理由はいくつかありますが一番は名刺によって自分をアピールする事に重きを置いているからです。

相手に自分を知ってもらうにはカードを渡しただけでは自分の性格や個性は中々伝わりません。

これから一緒に仕事をしていくかもしれない相手にただ名刺を渡しただけでは他の営業マンとの違いを出し難いものです。

それゆえ名刺に工夫を凝らしたり補助的な要素を含めたカードを作成して一緒に渡すのです。

たったコレだけの事ですが他の人とは断然に違う印象度を与えますし補助のカードにちょっとした事を書き込んでおくだけで自分をアピールする事が出来ます。

最近はパソコンとプリンターが普及した事もあり簡単に自分で作る事が可能になりました。

もちろん大事な事は会社を代表して渡す名刺ですがこれから仕事をしていく事が重要ですから出来るだけ相手にアピールする方が覚えてもらい易いので良いと考えます。

もし今仕事でアピールを考えるなら名刺に一つ工夫してみましょう。