名刺を渡す意味とは

社会人社会人になったばかりという方の中には、生まれて初めて名刺を持ったという方もいるかと思いますが、そもそも名刺を渡す意味とはいったい何なのでしょうか。なんとなく社会に出ると持つようになり、自己紹介などのために渡すという目的は分かりますが、自己紹介なら口頭でも出来ないわけではありませんし、最近だとメールなどのやり取りでも情報交換は行えます。それでも名刺がなくならないのは、仕事上でのやり取りを行ううえで非常に重要なツールであるからです。

名刺交換は初対面の方との絶好のコミュニケーションの機会です。取引先との交流に限らず、社会に出ると初対面の方と話す機会が大きく増え、その都度自分のことを知ってもらわなければなりません。口頭では大勢の人の中に埋もれ、ネットなどでのやり取りはそもそも相手に接触してもらうために動いてもらう必要がある中、名刺交換ならその場で直接やり取りでき、知ってもらいたい情報を確実に知ってもらうことが出来ます。

名刺は名刺そのものの造りで個性を出すことが出来たり、マナーを把握しているかどうかで第一印象を良く見せたりと、様々な形で役立てることが出来ます。相手についての情報も名刺交換を通すことで、その人が自覚していないことまで知ることが出来ることもあるので、名刺を有効活用できればその後の仕事も円滑に進めることが出来るようになります。当サイトでは名刺についての基礎的な情報を掲載しているので、名刺についての知識を深め、名刺を有効活用する方法を学びましょう。

名刺の扱い方について

営業マンやビジネスマンになった場合、名刺交換を行う機会が増えます。

そこで、交換についての注意事項があります。

そんなのあまり気を付けていないと言う方は、要注意です。

そもそも名刺と言うものは、その人を示すための、いわば分身と同じなのです。

つまり、丁寧な扱いをしなければ、その人を丁寧に扱わないと同じ事になります。

たとえば、あなたが名詞を受け取った時、すぐに、ズボンのポケットにいれたりしたら、相手の方はどの様な印象を受けるでしょう。

自分は、そんな簡単に落ちそうなところに入れられる様な存在なのかと捕らえる人も多いことでしょう。

大きな契約や、ライバル会社が多い商談などで、その様なことがあった場合、相手の気分を損なう事もあり、その一つの行いで、契約や商談が駄目になることも多くあります。

特に、社運をかける様な大きな話になった場合、たった一つの行いで最悪の場合、会社の倒産にもなりかねません。

そんな大きな契約の場合に、そんなことをする若い社員を行かせる訳が無いと思われる方も多いでしょう。

その考えは甘いです。

若い社員の方が、相手と接する時、ぎこちないですが丁寧に扱うものです。

逆にそれなりの役職になられた方が交換する機会が多く、その状況に馴れてしまいおろそかになるケースが多いのです。

 

ビジネスシーンで欠かす事の出来ない名刺

名刺は氏名・住所・職業・身分等を記したカードです。

他に所属する企業の事業内容やホームページアドレス、自身のメールアドレスも記載したり顔写真入りで作成したりもします。

自己紹介の一環として交換されたり、ビジネスシーンでは形式的に手渡されたりしますが、先方に自分の顔を覚えてもらう為の大切なビジネスツールの1つとも言えます。

アジアの国々のみならず欧米でも使用されていて、欧米と日本での違いは欧米では別れ際に連絡先などの確認のために交換することが多いのに対し、日本では顔を会わせて挨拶と同時に交換をするという点です。

扱う際のマナーとしては来訪者から先に両手で渡すのが基本ですが、お互い同時に差し出した場合は自分のは右手で渡し左手で相手のを受取ります。

受取ったら直ぐに仕舞わず打ち合せが終わるまでテーブルに置いておく事で初対面の相手の名前を間違えるのを防げます。

常に切らさないように枚数を確認しておく事も大切です。

パソコンとプリンターがあればIllustrator・Wordなどのソフトを使用して自分で作成する事も出来ます。

また電子メールに個人情報を添付する電子名刺もあり、Outlook Expressなどで利用出来ます。