名刺を作るポイント

名刺はビジネス用のシンプルなものが一般的ですが、会社によってはより強い個性を出すためにオリジナルデザインの名刺を作ることもあります。中には個人用の名刺を作る方もおり、他にはないオリジナリティの高い名刺を配ることで、自分をより印象強く見せるための手段として活用しています。そんな自分の個性を見せるための名刺を作るには、どんなポイントに気を付ければよいのでしょうか。

名刺名刺を作るうえで重要なポイントは、自分をどんな風に見せたいかを考えることです。自分が仕事に対して真摯で誠実な印象を持たせたいときは、昔から見られるシンプルな名刺を作ったり、明るい人と思わせたいときはカラフルでかわいらしい名刺を作ったりと、少しの変化でも名刺を渡された人には違った印象を持たせることが出来ます。さらに渡す相手がどういった人物なのかで使い分けることで、相手により好印象を持たせることが出来たり、より強く印象に残ってもらうことも出来るようになるので、名刺を複数製作して、状況に応じて使い分けるのも有効です。

最近は様々な名刺が作られるようになってきており、紙の素材やフォントが変更できたり、違う形になるように加工が施されていたりと、様々なバリエーションを選べるよう、印刷業者も色々な名刺を用意しています。もし名刺を用意する機会があれば、こうした特殊な名刺の導入を行ってみるのもおススメです。

肩書のない名刺こそ名刺の極地

人はとかく自分をよく見せたがるものである。そして、人に認めてもらいたがる存在でもある。そのことを否定はしないが、肩書のたくさん入った名刺をもらうと、何とはなしに、その人柄の浅ましさを感じてしまうのは私だけであろうか。その肩書を得るまでには、その人はさまざまな苦労をして得たに違いない。なになに会社代表取締役兼なになに会名誉会長。某大学教授、文学博士、学長補佐役。何とか議員、県青年対策本部長、ふるさと会会長。などなど。

羨ましい面がなくはないが、こういう名刺を貰うと、何か嫌な気分になりがちである。この人のこれらの肩書が取れたら、果たしてこの人の人柄とはどういうものなのだろうと、密かに思ってもしまう。ところで、先日ある人からまったく肩書のない名刺を貰った。その人は、本当に何の肩書もないので、ただ、正直に名前だけの名刺を作ってそれを配っただけなのであろうが、その名刺を貰った時、なんとすがすがしい名刺だろうかと思った。肩書を誇りたい人の多い中で、却ってこうした肩書のない、シンプルな名刺こそ、名刺の極地だと感心した。

プライベートの名刺作成に便利な、インクジェット用の名刺用紙

名刺は、自己紹介のツールとして、ビジネスの場だけではなくプライベートの場でも大いに役に立つ。例えば合コンや趣味の集まり、何かのイベントの場で、初対面の人に自己紹介する際、名刺を渡すことによって、相手の印象も高まるだろう。こういった場での名刺は、業者に頼まず、フリーのソフトを利用してパソコンで作るのが一般的だ。これでいくらでも、個性的な名刺を作成できる。だが問題は、どのような用紙に印刷すればよいか、ということだ。

名刺そのままの形では、家庭で一般的なインクジェットプリンタで印刷できないからだ。こういったプライベートの名刺を印刷する場合は、ホームセンターや家電量販店で、インクジェット用の名刺用紙を売っているので、それが便利だ。基本的には、1シートは通常のコピー用紙と同じサイズとなっていて、まとめて10数枚分印刷し、切り離して使う。専用の用紙には、切り離すタイプと、シールを剥がすタイプがあるので、好みで選べば良い。

ただし、印刷位置の調整を誤ると、名刺1枚1枚の枠からずれてしまう。だから、予めテスト印刷を行なって、位置がきちんと合っているかどうか、確認してから印刷しよう。

渡し方のマナー

名刺を受取る女性のイラスト会社で配布されるビジネス用の名刺はもちろん、個人用の名刺を渡すときも、名刺を渡すマナーをしっかりと身につけているかどうかで、相手の印象も大きく変わります。
基礎的なマナーを守れていないと、仕事に対しての意識も疑われてしまうこともありえるので、名刺の渡し方のマナーはしっかり学んでおきましょう。
早いうちから学んでいたという方も、いざ正しい方法を思い出そうとしても、正確に覚えていないことが多いので、この機会に再確認してみてください。

名刺を渡す際に気を付けることは、名刺の差し出す高さと名刺の状態です。
相手が差し出したときより名刺の高さをより低い位置におき、相手を尊敬しているという意思を示すことが大切です。
そのほかの基本的なポイントとしては、自分と相手の間に物を挟まないようにしたり、名刺を直接財布やポケットから出さないようにし、ちゃんと綺麗な状態の名刺を渡すことなど、社会人として当然のマナーは守るようにしましょう。

名刺を受け取る際も色々なマナーがあります。目上の相手が同時に名刺を出したときは、自分から先に受け取らないようにしたり、受け取った名刺をメモ代わりに使わないといったマナーは社会人としての基本マナーとして覚えておく必要がありますし、名刺を持つところは印刷が無い部分にすることも、意外と見られるポイントなのでうっかりしないよう気をつけましょう。

 

 

名刺と挨拶のタイミングなど

これは誰でも知っているでしょうが、名刺を相手に向けて渡しますね。

これは教えてもらわなくても相手を大切に重要に思っていれば誰でも自然に出来ますが、その文字に指がかからないように渡すのは時々しない人がいます。

それも相手をどう思っているかですね。

自分のことを印象付けよう、知ってもらおうと思ったら自分の名前をよく見えるように出すでしょう。

また形だけ慇懃でもしぐさが無礼な感じの人もいます。

とても印象が悪いですね。

わかっていないと思っているのでしょうが、相手も名刺交換は初めてではなく、数え切れないほどやっていることを忘れてはいけないと思います。

見透かされるということです。

挨拶もしますがどちらが先かはその場の雰囲気ですぐにわかるでしょう。

営業する側か受ける側かとか年齢が上か下かなのですね。

また新入社員のあいさつ回りとかでしたらベテランが指示するでしょうし、基本的にはこちらの上位者が相手先の上位者から挨拶し交換もするでしょう。

しかし実際はそうならないこともありますね。

相手先が気さくなものにこだわらない上司である場合もありますから、そこも失礼のないように臨機応変にしないと後がギクシャクします。

自然な流れがいちばんいいのではないでしょうか。

 

名刺はビジネスマンの武器です

社会人となって会社で働く事になると配属される部署にもよりますがスーツや名刺が必須となってきます。

特に外回りを担当する営業マンや渉外や総務として人に接する機会が多い人には名刺はいくらあっても足りません。

最近のビジネスマンは名刺に色々な工夫をして渡す人が増えています。

理由はいくつかありますが一番は名刺によって自分をアピールする事に重きを置いているからです。

相手に自分を知ってもらうにはカードを渡しただけでは自分の性格や個性は中々伝わりません。

これから一緒に仕事をしていくかもしれない相手にただ名刺を渡しただけでは他の営業マンとの違いを出し難いものです。

それゆえ名刺に工夫を凝らしたり補助的な要素を含めたカードを作成して一緒に渡すのです。

たったコレだけの事ですが他の人とは断然に違う印象度を与えますし補助のカードにちょっとした事を書き込んでおくだけで自分をアピールする事が出来ます。

最近はパソコンとプリンターが普及した事もあり簡単に自分で作る事が可能になりました。

もちろん大事な事は会社を代表して渡す名刺ですがこれから仕事をしていく事が重要ですから出来るだけ相手にアピールする方が覚えてもらい易いので良いと考えます。

もし今仕事でアピールを考えるなら名刺に一つ工夫してみましょう。

名刺を渡す意味とは

社会人社会人になったばかりという方の中には、生まれて初めて名刺を持ったという方もいるかと思いますが、そもそも名刺を渡す意味とはいったい何なのでしょうか。なんとなく社会に出ると持つようになり、自己紹介などのために渡すという目的は分かりますが、自己紹介なら口頭でも出来ないわけではありませんし、最近だとメールなどのやり取りでも情報交換は行えます。それでも名刺がなくならないのは、仕事上でのやり取りを行ううえで非常に重要なツールであるからです。

名刺交換は初対面の方との絶好のコミュニケーションの機会です。取引先との交流に限らず、社会に出ると初対面の方と話す機会が大きく増え、その都度自分のことを知ってもらわなければなりません。口頭では大勢の人の中に埋もれ、ネットなどでのやり取りはそもそも相手に接触してもらうために動いてもらう必要がある中、名刺交換ならその場で直接やり取りでき、知ってもらいたい情報を確実に知ってもらうことが出来ます。

名刺は名刺そのものの造りで個性を出すことが出来たり、マナーを把握しているかどうかで第一印象を良く見せたりと、様々な形で役立てることが出来ます。相手についての情報も名刺交換を通すことで、その人が自覚していないことまで知ることが出来ることもあるので、名刺を有効活用できればその後の仕事も円滑に進めることが出来るようになります。当サイトでは名刺についての基礎的な情報を掲載しているので、名刺についての知識を深め、名刺を有効活用する方法を学びましょう。

名刺の扱い方について

営業マンやビジネスマンになった場合、名刺交換を行う機会が増えます。

そこで、交換についての注意事項があります。

そんなのあまり気を付けていないと言う方は、要注意です。

そもそも名刺と言うものは、その人を示すための、いわば分身と同じなのです。

つまり、丁寧な扱いをしなければ、その人を丁寧に扱わないと同じ事になります。

たとえば、あなたが名詞を受け取った時、すぐに、ズボンのポケットにいれたりしたら、相手の方はどの様な印象を受けるでしょう。

自分は、そんな簡単に落ちそうなところに入れられる様な存在なのかと捕らえる人も多いことでしょう。

大きな契約や、ライバル会社が多い商談などで、その様なことがあった場合、相手の気分を損なう事もあり、その一つの行いで、契約や商談が駄目になることも多くあります。

特に、社運をかける様な大きな話になった場合、たった一つの行いで最悪の場合、会社の倒産にもなりかねません。

そんな大きな契約の場合に、そんなことをする若い社員を行かせる訳が無いと思われる方も多いでしょう。

その考えは甘いです。

若い社員の方が、相手と接する時、ぎこちないですが丁寧に扱うものです。

逆にそれなりの役職になられた方が交換する機会が多く、その状況に馴れてしまいおろそかになるケースが多いのです。

 

ビジネスシーンで欠かす事の出来ない名刺

名刺は氏名・住所・職業・身分等を記したカードです。

他に所属する企業の事業内容やホームページアドレス、自身のメールアドレスも記載したり顔写真入りで作成したりもします。

自己紹介の一環として交換されたり、ビジネスシーンでは形式的に手渡されたりしますが、先方に自分の顔を覚えてもらう為の大切なビジネスツールの1つとも言えます。

アジアの国々のみならず欧米でも使用されていて、欧米と日本での違いは欧米では別れ際に連絡先などの確認のために交換することが多いのに対し、日本では顔を会わせて挨拶と同時に交換をするという点です。

扱う際のマナーとしては来訪者から先に両手で渡すのが基本ですが、お互い同時に差し出した場合は自分のは右手で渡し左手で相手のを受取ります。

受取ったら直ぐに仕舞わず打ち合せが終わるまでテーブルに置いておく事で初対面の相手の名前を間違えるのを防げます。

常に切らさないように枚数を確認しておく事も大切です。

パソコンとプリンターがあればIllustrator・Wordなどのソフトを使用して自分で作成する事も出来ます。

また電子メールに個人情報を添付する電子名刺もあり、Outlook Expressなどで利用出来ます。