名刺を作るポイント

名刺はビジネス用のシンプルなものが一般的ですが、会社によってはより強い個性を出すためにオリジナルデザインの名刺を作ることもあります。中には個人用の名刺を作る方もおり、他にはないオリジナリティの高い名刺を配ることで、自分をより印象強く見せるための手段として活用しています。そんな自分の個性を見せるための名刺を作るには、どんなポイントに気を付ければよいのでしょうか。

名刺を作るうえで重要なポイントは、自分をどんな風に見せたいかを考えることです。自分が仕事に対して真摯で誠実な印象を持たせたいときは、昔から見られるシンプルな名刺を作ったり、明るい人と思わせたいときはカラフルでかわいらしい名刺を作ったりと、少しの変化でも名刺を渡された人には違った印象を持たせることが出来ます。さらに渡す相手がどういった人物なのかで使い分けることで、相手により好印象を持たせることが出来たり、より強く印象に残ってもらうことも出来るようになるので、名刺を複数製作して、状況に応じて使い分けるのも有効です。

最近は様々な名刺が作られるようになってきており、紙の素材やフォントが変更できたり、違う形になるように加工が施されていたりと、様々なバリエーションを選べるよう、印刷業者も色々な名刺を用意しています。もし名刺を用意する機会があれば、こうした特殊な名刺の導入を行ってみるのもおススメです。

渡し方のマナー

会社で配布されるビジネス用の名刺はもちろん、個人用の名刺を渡すときも、名刺を渡すマナーをしっかりと身につけているかどうかで、相手の印象も大きく変わります。基礎的なマナーを守れていないと、仕事に対しての意識も疑われてしまうこともありえるので、名刺の渡し方のマナーはしっかり学んでおきましょう。早いうちから学んでいたという方も、いざ正しい方法を思い出そうとしても、正確に覚えていないことが多いので、この機会に再確認してみてください。

名刺を渡す際に気を付けることは、名刺の差し出す高さと名刺の状態です。相手が差し出したときは名刺の高さをより低い位置におき、相手を尊敬しているという意思を示すことが大切です。そのほかの基本的なポイントとしては、自分と相手の間に物を挟まないようにしたり、名刺を直接財布やポケットから出さないようにし、ちゃんと綺麗な状態の名刺を渡すことなど、社会人として当然のマナーは守るようにしましょう。

名刺を受け取る際も色々なマナーがあります。目上の相手が同時に名刺を出したときは、自分から先に受け取らないようにしたり、受け取った名刺をメモ代わりに使わないといったマナーは社会人としての基本マナーとして覚えておく必要がありますし、名刺を持つところは印刷が無い部分にすることも、意外と見られるポイントなのでうっかりしないよう気をつけましょう。

名刺を渡す意味とは

社会人になったばかりという方の中には、生まれて初めて名刺を持ったという方もいるかと思いますが、そもそも名刺を渡す意味とはいったい何なのでしょうか。なんとなく社会に出ると持つようになり、自己紹介などのために渡すという目的は分かりますが、自己紹介なら口頭でも出来ないわけではありませんし、最近だとメールなどのやり取りでも情報交換は行えます。それでも名刺がなくならないのは、仕事上でのやり取りを行ううえで非常に重要なツールであるからです。

名刺交換は社会に出るとまず初対面の方と行える絶好のコミュニケーションの機会です。取引先との交流に限らず、社会に出ると初対面の方と話す機会が大きく増え、その都度自分のことを知ってもらわなければなりません。口頭では大勢の人の中に埋もれ、ネットなどでのやり取りはそもそも相手に接触してもらうために動いてもらう必要がある中、名刺交換ならその場で直接やり取りでき、知ってもらいたい情報を確実に知ってもらうことが出来ます。

名刺は名刺そのものの造りで個性を出すことが出来たり、マナーを把握しているかどうかで第一印象を良く見せたりと、様々な形で役立てることが出来ます。相手についての情報も名刺交換を通すことで、その人が自覚していないことまで知ることが出来ることもあるので、名刺を有効活用できればその後の仕事も円滑に進めることが出来るようになります。当サイトでは名刺についての基礎的な情報を掲載しているので、名刺についての知識を深め、名刺を有効活用する方法を学びましょう。